市民社会川柳
(2023)
「笑い」「風刺」は昔から市民の武器でした。
市民社会のあれこれを、市民が楽しく詠んでいきます。











 6 改革もトップ変われば負の遺産(作 松井真理子 代表)2023.2.6
     2006年1月2日。


 5 手を上げていい質問をするサクラ(作 吉武三和子 市民研究員)2023.1.30
     2005年8月27日。


 4 素人の疑問の中にあるヒント(作 吉武三和子 市民研究員)2023.1.23
     2005年ベスト10。2005年2月18日。
      専門の世界にどっぷり浸かっていると見えないものが、素人に見えることもあるように思います。


 3 共感者いざというとき傍観者(作 吉武三和子 市民研究員)2023.1.16
     
2005年ベスト10。2005年6月17日。
      勇気を奮って公式の場で正論を言っても、普段同志だと思っていた人たちは誰もフォローしてくれない「梯子外し」。


 2 評価する人の評価を誰がする(作 松井真理子 代表)2023.1.10
     
2005年ベスト10。2005年6月12日。「評価」「成果主義」の流行を受けて。


 1 うっかりと出る失言という本音(作 吉武三和子 市民研究員)2023.1.1
     
2007年市民社会川柳ベスト10。2007年2月20日。柳沢厚労大臣(当時)の「女性は子どもを産む機械」発言を受けて。
       


過去の市民社会川柳
05年 06年 07年 08年 
09年 10年 11年 12年 
13年 14年 15年
 16年
17年 18年 19年 20年
21年
市民社会川柳ベスト10 2016年
2017年
2018年 2019年 2020年
2021年 2022年