市民社会川柳
(2021)
「笑い」「風刺」は昔から市民の武器でした。
市民社会のあれこれを、市民が楽しく詠んでいきます。











114 取り外しできる便利な歯をみがく(作 吉武三和子 市民研究員)2021.10.27
     
思う存分、隅々までみがけます。

113 赤信号まじめに守る保育園(作 吉武三和子 市民研究員)2021.10.25
     
公文書の保管ルールもろくに守らない政府は恥ずかしくないでしょうか。

112 先週は冷房今週は電気毛布(作 松井真理子 代表)2021.10.22
     
字余りですが、私の母が実際にやっていることです。

111 10月も下旬になって秋が来る(作 松井真理子 代表)2021.10.20
     
先週まで冷房をしていたのですが、急に涼しくなり、北の方では雪が降っています。やっと来た秋の気配と冬はほとんど一緒です。

110 菅総理遠い昔のことになり(作 松井真理子 代表)2021.10.18
     
岸田総理はまだホヤホヤですが、菅元総理のことは、そういえばそんな人もいたと思うこの頃です。

109 2週間で地金を出して解散す(作 松井真理子 代表)2021.10.15
     
9月29日の自民党総裁選から2週間。岸田総理は衆議院を解散しました。総裁選時のハト派色は、この2週間ですっかりメッキがはげました。
       国民にしてみれば、本質は何も変わらないことがよくわかった貴重な2週間でした。


108 バラマキの政治に暴発財務省(作 松井真理子 代表)2021.10.13
     
財務省の矢野事務次官が、月刊誌「文芸春秋」に寄稿した論文で、与野党の分配要求を「バラマキ合戦」などと異例の批判。
       日本の経済を預かる立場の方にしてみれば、お気持ちはよくわかります。


107 3Aが政府の格付けならいいが(作 松井真理子 代表)2021.10.8
     岸田内閣が発足しましたが、安部・麻生・甘利の3A支配の色が濃厚で、今後が不安視されています。これが企業なら、トリプルAは
      最上位の格付けなのですが。


106 新総理ひと月だけの第100代(作 松井真理子 代表)2021.10.4
     岸田さんが自民党の総裁になりました。「第100代総理」の響きはいいですが、来月には総選挙。すぐ101代になってしまいます。


105 ちょんまげに真子様奪う胆を見る(作 松井真理子 代表)2021.10.1
     真子様の結婚相手の小室圭さんが3年ぶりに帰国。皇族と結婚する人とは思えぬポニーテールに、あれこれいう人がいますが、私は
      これほど叩かれて、なお皇族と結婚しようという人の非凡な根性を見た気がしました。


104 女性首相メルケルみたいな人求む(作 松井真理子 代表)2021.9.27
     自民党の総裁選に初めて女性が2人立候補したことは第一歩でしょうが、女性ならだれでもいいわけではありません。ドイツではメルケル
       首相が引退することになり、今総選挙の真っ最中です。科学的思考と人情味とパワーののあるメルケル首相のような女性を期待します。


103 政策は違えど一つ自民党(作 松井真理子 代表)2021.9.24
     自民党の総裁選を見ていると、憲法改正、国防など、重要な論点でも候補者の主張が大きく違うのに驚かされます。
       政権党の強みとはいえ、なんだかんだといって一緒に闘わない野党が勝てるはずがありません。


102 少子化の前途真っ暗高齢化(作 松井真理子 代表)2021.9.20
     総務省が発表した人口推計によると、日本の高齢化率は29.1%で、2位のイタリアの23.6%を大きく引き離してダントツの世界一だそうです。
      長寿化は喜ぶべきでしょうが、高齢化率を押し上げているのは少子化。少子化政策の効果が出ておらず、日本の未来は暗いです。

101 あの人以外どの人でもいい総裁選(作 松井真理子 代表)2021.9.18
     結局自民党の総裁選は、岸田、高市、河野、野田の4氏が立候補しました。自民党内の話なので誰でもいいのですが、これまでの
      
国粋的、復古的なカラーをあからさまに引き継ぐ人だけは御免です。

100 次期総裁安部氏との距離だけ興味ある(作 松井真理子 代表)2021.9.15
     自民党の総裁選の立候補者が固まりました(岸田、高市、河野)。どの派閥が誰を応援するか、メディアはしきりに書きたてていますが、
       所詮コップの中の嵐。ただ次期総裁には、長らく続いている安部氏への忖度右派政治を少しでも転換してほしいと思っています。


99 勝利しても静かな三重の知事選挙(作 松井真理子 代表)2021.9.13
     昨日は三重県知事選挙でしたが、緊急事態宣言の中で選挙カーの声もなかったし、そもそも与野党相乗りで全く面白くなかったです。
      勝つっても高揚感もなく、大声を出さないようにしているせいか淡々としていました。


98 アマゾンに「GAFAの批判書」を注文し(作 坂東 行和 顧問)2021.9.11
     GAFAとは、Google、Apple、Facebook、AmazonのIT企業4社の意。ユーザの大多数は4社のサービスをプラットフォームとして利用する反面、
      ユーザ自身の音声、写真、動画、趣味、購入歴などを含む個人情報の「ビッグデータ」も4社に握られている。地域の書店が経営難で次々
      姿を消していく昨今、このような「GAFAによる情報独占」の弊害を問う批判書もまたGAFAの一翼やるAmazonに注文せざるを得ないとは、
      何ともナサケない話・・・


97 菅さんが引っ込みゃ「明かり」見え始め(作 坂東 行和 顧問)2021.9.8
     
感染爆発や医療崩壊の深刻化にもかかわらず、菅首相は8月25日の記者会見でワクチン接種の効果につき「明かりはハッキリ
      見え始めた」と述べ、これに対して「危機感の欠如だ」との批判が炎上。世論に追い詰められた
菅首相は、見苦しい内輪揉めの末、
      9月3日ついに総裁選
不出馬を表明するに至った。政権交代をも視野に入れれば、菅さんが見たと言う「明かり」は、実は菅さん
      自身の末路尾を示す「
号」又は「風前の灯」だったのかもね。

96 「呪われた五輪」の締めに首相辞め(作 松井真理子 代表)2021.9.6
     7月23日から始まったオリ・パラも昨日で閉会式となりました。さまざまな「呪われた五輪」を締めくくるのは、首相の突然の辞任劇でした。


95 マスク取りメダルを噛んで感染し(作 松井真理子 代表)2021.9.3
     メダルを噛んで悪名を世界に知られた河村名古屋市長が、コロナに感染したそうです。「菌メダル」と書くのは少し悪趣味かも。


94 「両性の合意」認めぬ前時代(作 松井真理子 代表)2021.9.1
     今朝のニュースで、婚約が内定している秋篠宮家の真子さまと小室さんとの結婚が年内に内定したとのこと。お二人はずっと結婚の意志
      を明確に示されているのに、また結婚で皇族を離脱されるのに、親の金銭問題で結婚を攻撃してきた人々の人権感覚を疑います。


93 コロナ禍が奪うお盆の墓参り(作 吉武三和子 市民研究員)2021.8.30
     
今年のお盆は、ご先祖が寂しがっていることでしょう。

92 60代はまだ青二才の自民党(作 松井真理子 代表)2021.8.27
     9月29日に自民党総裁選の投開票が決まりましたが、名乗りを上げたのは岸田、高市、下村のいずれも60代。70代の菅さんも出る
      そうですが、そのバックには80代の長老が幅をきかせています。


91 メンタルの強さの手本菅首相(作 松井真理子 代表)2021.8.25
     首相に就任してからコロナ騒ぎやオリンピックのゴタゴタ、果てはお膝元の横浜市長選挙で大敗北と、いいことが何もなかった菅首相。
      国民からどれだけ罵倒されても、辞めたいと言うどころか、次期総裁選も当然出馬するというのですから、並みのメンタルではありません。


90 負けるにも程がありすぎ市長選(作 松井真理子 代表)2021.8.23
     昨日は注目の横浜市長選挙でした。菅首相が応援を明言した、首相の恩人の子で側近の小此木氏は、投票が締め切られた直後の
      20時に立憲民主党が立てた候補者に当確が出て「秒殺」。さあ、政局になるか?!


89 本当かも「感染拡大を最優先」(作 松井真理子 代表)2021.8.19
     全国的な感染爆発を受けて、菅首相は「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の追加・延期を発表。記者発表で「感染拡大
      を最優先」とお得意の言い間違い。しかしオリンピックの強行開催、無為無策の状況を見ていると、ただの言い間違いとは思えません。


89 8・15戦の青春よみがえる(作 吉武三和子 市民研究員)2021.8.17
     
ことしも「敗戦記念日」がやってきました。敗戦時に17歳だったので、青春を楽しむどころか挺身隊など戦争の犠牲になりました。

88 お騒がせ銀ブラ警備費長話(作 松井真理子 代表)2021.8.13
     来る前から悪名高かったIOCのバッハ会長は、来日してからも話題に事欠きません。開会式の13分の長話、選手には許さなかった銀ブラ、
      広島訪問時の警備費を広島県と広島市からぼったくり。やりたい放題容認する日本政府にも怒りの矛先が向いています。


87 マンションの蛇口ひねれば微温湯(作 吉武三和子 市民研究員)2021.8.11
     
暑い日が続きます。蛇口からは自動的にお湯が出てきます。

86 メダル数最高も支持率過去最低(作 松井真理子 代表)2021.8.9
     東京オリンピックが昨日終わりました。開幕すれば国民は熱狂し、支持率も上がると考えていた節がある菅内閣ですが、確かにメダル数は
      58個と過去最高でしたが、昨日朝日新聞の世論調査では、支持率は過去最低の28%でした。


85 ひっそりと逝くコロナ禍の一人者(作 吉武三和子 市民研究員)2021.8.7
     
コロナにかかっても重症にならなければ自宅待機。コロナは夜の急変が特徴なので、一人者は孤独死の恐怖と戦わなければなりません。

84 食い物屋「食って行けぬ」と泣く憂き世(作 坂東 行和 顧問)2021.8.4
     
コロナ禍は変異株で拡大の一途。料理屋などから、「カフェなどがOKで、なぜ酒を出す店だけが自粛なの?」、「自粛を言うななら充分な
      補償を!」、「都内スナック等
への協力金4万円は雀の涙だ」「安全設備を求められても予算がない等々の不満が噴出。累は仕入先や
      取引先にまで及び、オール食品業
界の死活問題に。食い物で「食ってる」人々が「食うのに困る」とは!

83 過去最多「感染数かい メダルかい?」(作 坂東 行和 顧問)2021.8.2
     
7月28日、東京のコロナ感染が1日3000人を越えて去最多。全国染も1万人を超えた。デルタ株の広がりもあって首都圏3県と
      大
阪に急事態発令。他方、菅首相は初の五輪金メダル獲得選手に電話で祝意を伝え、その様子をネットで公開、その後も日本勢の
      
金メダル獲得の都度ツイートを連発。感拡大や医療崩壊に関するツイートは皆無という「おめでたさ」。同じ「過去最多」の情報であっても
      
って逆風になる「国民の命に関わる問題」のは「どこ吹く風」なんだね。

82 金メダル獲るたび支持率皮算用(作 坂東 行和 顧問)2021.7.30
     
各紙の世論調査で、内閣支持率が過去最低に落ち込む中、「五輪・日本勢のメダルラッシュが政権の追い風に」との政権党の期待。
      病床逼迫の危機感など見られず、菅首相は「人流は減っている」と答弁してるけど、そもそも人流抑制とイベント開催は両立しない。
      29日都のモニタリング会議でさえ「爆発的な感染拡に向かう」と予測している。「五輪で政権浮揚という発想自体、国威発揚という一昔前
      の発想。首相のメダリストへの電話も魂胆みえみえ」との論評も(29日AERA dot))。


81 何千の弁当捨てるエコ五輪(作 松井真理子 代表)2021.7.28
     
東京オリンピックは、持続可能性をテーマに、環境に配慮した大会になるはずでした。ところがボランティアに配布するはずだった何千ものお弁当が
      消費期限前に捨てられていることが発覚。復興五輪もどこかに消え、もうメチャクチャです。


80 炎天下でテニスやらせるおもてなし(作 松井真理子 代表)2021.7.26
     
オリンピックのテニスで、正午からの炎天下での試合に疲れ果てた選手から、「午後6時からの試合にしてほしい」と要望。これが簡単には認められず、
       物議を醸しています。事前に容易に予測できたことではないでしょうか。アスリートファーストからほど遠い「おもてなし」です。


79 強いられた「自粛」を自粛と言う不思議(作 坂東 行和 顧問)2021.7.24
     
行政がしきりに要請する「自粛」。訓読すれば「自ラ粛ス」だ。「粛」とは「心・規律などを引締める」意。だから、
    ひと
たび行政から要請、「自粛警察」から圧力、又は「見回り隊」か指図などがあれば、それを受けて行う行為は、
    も
や「自粛」ではなくんじゃないかな?そう言えば、戦争中の「自決」や「自爆」とう語「あれは自発的
    行為であって
強制ではない」と、責任者が言い逃れる為の「狡猾な言い回し」だったんでは?

78 消えた灯の街に聖火も気兼ねして(作 坂東 行和 顧問)2021.7.21
     
コロナ感染拡大する中で五輪は開催されたけど、一部海外紙の論評は辛辣だね。IOCは「ブレーキをかける力がないと事実上
      認めている菅首相の助けで、只管(開催に)突き進み…(多くの人が)公衆衛生上の負の遺産を残す事を心配している」(ガーディアン)。
      「(開催は)完全な失敗に向かっているようだ…(国民の)熱気は不満、無関心、遂には敵意に変った」(ワシントン・ポスト)と手厳しい。
      行政からの自粛要請で酒場の灯が消えた「夜の街」では、人流も控えめで、聖火の炎も何やら遠慮がち。


77 「より速く、より高く、より強く」なるコロナ(作 松井真理子 代表)2021.7.19
     
「より速くより高くより強く」はIOCが定めたオリンピックの標語です。東京オリンピックの場合、コロナの感染拡大を危惧する言葉に聞こえます。

76 不安増す「安全安心」言いすぎて(作 坂東 行和 顧問)2021.7.16
     
都は4度目の緊急事態宣言。五輪の首都圏会場での無観客も決まったね。コロナ感染者が再び増加する中、菅首相は8日の会見で
      「安全安心な大会を実現…」と述べたけど、どう実現するかについては、
前回6月17日の会見と同様、抽象的な回答を繰り返すのみ。
      西村経再相も「安全安心とは?」との質問に「国民の命と健康を守る」と、首相の発言をなぞるばかり。科学的根拠抜きのキャッチコピー
      「安全安心」だけを繰返し聞かされていると、何だか逆に、じわじわ「不安」が募ってくるよ。


75 天皇を「反日的」にする乱世(作 坂東 行和 顧問)2021.7.14
     
6月24日宮内庁長官が「五輪開催が感染拡大に繋がらないか」との天皇の懸念を「拝察している」と述べたけど、政府首脳はこれを
      
「長官見解に過ぎず」と黙殺したね。でも、宮内庁長官が勝手に自己の個人的見解を喋るだろうか。名誉総裁として開催宣言する
      天皇がコロナ
蔓延を懸念するのは当然だ。アベ前首相が、感染拡大を懸念して開催に反対する人々を「反日的」と決めつけたけど、
      ならば同様の懸念を懐
く天皇も「反日」という事になる。大御心に背き奉るとは、アベさん、いい度胸しているねえ。

74 アスリートのファイトも萎む無観客(作 吉武三和子 市民研究員)2021.7.12
     
4度目の緊急事態宣言が決まり、五輪はほぼ無観客になりました。こんなところでやる選手たちもかわいそうです。

73 ニュースショー五輪とコロナがせめぎ合い(作 坂東 行和 顧問)2021.7.9
     
五輪開催に向けてスポンサー企業は数十億円もの協賛金を払ったけど、コロナ感染拡大は未だ収まらない。ニュースショーでは連日、
      一方で感染拡大を恐れる意見など五輪への「
逆風」を伝え、他方で、選手ら栄光の記録映像などを流五輪熱を煽っている。
      大手メディアは今
初めてスポンーに名をねた為、自らは開催可否を明確に主張しらくなったから、こういう「ごちゃまぜ報道」
      に
なってしまうんだね。逆方向のベクトルを番組の土俵内で1本に合成するのに、TV局も苦労するね。

72 こわばった作り笑顔で聖火行く(作 坂東 行和 顧問)2021.7.7
     
感染拡大を招く五輪強行の動きに対して、開催反対の声が高まる中、各地で聖火リレーの公道走行が次々に中止されました。
      東京都も、都の全域を回る予定だった
前半の31市区町村での公道走行を中止。区内に入る後半については未定ですが、こんな
      状況下で走ることになるラ
ンナーは、見送る人々の不安げな眼差しが気になるかもね。

71 国民の大半を「反日」という奇説あり(作 坂東 行和 顧問)2021.7.5
     
『月刊Hanada』8月号で安倍前首相が、五輪開催反対について「極めて政治的な意図を感じざるを得ません。…一部から反日的
      ではない
かと批判される人たちが今回の開催に強く反対しています」と述べました。しかし開催の中止又は再延期を求める世論は
      6割超(毎日)。どのメディアの世論調査
でも「中止又は延期」の声は概ね過半数です。安倍氏とは異なる考えが「反日」なら、日本は
      「反日」だらけの国になちゃう。こういう奇説こそ政治的だね。


70 100万回打てばワクチンもう不足(作 松井真理子 代表)2021.7.2
     
菅首相が檄を飛ばす「ワクチン接種1日100万回」を、瞬間最大風速のように達した日もあったそうですが、その直後にワクチン不足となり、苦労しながら
       準備をしていた自治体や職場が大混乱に陥っています。「市民のくだまき音頭」の2番(*)を歌って憂さを晴らしましょう。
         *「コロナコロナで飲み会も旅行も祭りもみなやめた 我慢するだけさせといて 国は後手後手何してる!」

69 国民の「懸念」分かち合う象徴(作 松井真理子 代表)2021.6.30
     
西村宮内庁長官が定例記者会見で、オリ・パラについて「陛下が新型コロナウィルスの感染状況を心配し、開催が感染拡大につながらないか、ご懸念
       されていると拝察している」と発言。政府は火消しに必死ですが、国民の懸念を象徴として代弁されたと思います。


68 呪われた五輪目前のリバウンド(作 松井真理子 代表)2021.6.27
     
東京オリンピックは招致の時の「アンダーコントロール」という嘘に始まり、招致後も数々のトラブルが続き、コロナで延期して無理やり実施しようとすると
       目前で東京での感染者のリバウンド。政治に振り回されるJOCの職員など、いっそやめてもらった方がいいと思っているのでは?


67 カウンターとちゃぶ台違う酒の味(作 吉武三和子 市民研究員)2021.6.21
     
緊急事態宣言が終わっても、飲食店の警戒は続きます。いつになったら、心おきなく外で飲食できるようになるのでしょう。

66 「父の日」を教えてくれる百貨店(作 吉武三和子 市民研究員)2021.6.18
     
母の日と比べると父の日はなじみが薄いです。思い出させてくれるのは、百貨店のチラシです。

65 五輪などやりたきゃやればとG6(作 松井真理子 代表)2021.6.16
     
G7各国の五輪開催の全面的な支持を得たと得意顔の菅総理ですが、サミット声明文の最後の付け足しに「安心安全な開催への支持」が書かれた
       にすぎません。ほかの国にとってはどうでもいいことなので、日本がそれほど言うならと声明文の最後に入れたものでしょう。


64 満面の笑顔総理の肘タッチ(作 吉武三和子 市民研究員)2021.6.14
     
イギリスでのG7サミットで、菅総理も笑顔で各国首脳と笑顔で肘タッチ。一応オリ・パラの支持を取り付けた安心感でしょうが、「安全安心な開催
       への支持」という条件付きであり、日本はその責任を負わされていることを忘れてはなりません。


63 コロナより暑さが怖いアスリート(作 松井真理子 代表)2021.6.11
     
何が何でもやるらしいオリンピックですが、開会が近づいてくると、コロナもですが暑さの問題を思い出しました。IOCは参加選手に、コロナや猛暑で
       死亡に至る可能性があるとし、そのリスクは自己責任とする同意書の提出を義務付けているそうです。IOCは猛暑を忘れていませんでした。


62 専門家窮鼠となって猫を噛む(作 松井真理子 代表)2021.6.9
     
菅内閣のコロナ対策担当の尾身部会長が、「こんな状況でオリンピックをやるのは普通ない」と発言して大波紋。何かあったら専門家として責任を
       負わされる立場なので、自己保身のためにも言わざるを得なくなったのでしょう。 


61 年かさね読めて書けない文字が増え(作 吉武三和子 市民研究員)2021.6.7
     
中学生の漢字テストでは60点か。

60 老醜はありて老美は辞書になし(作 吉武三和子 市民研究員)2021.6.2
       高齢者も「美」と思わせるものを見せる必要はあるでしょう。


59 責任者だーれもいない億の金(作 吉武三和子 市民研究員)2021.5.31
       自民党本部から河井案里氏側に振り込まれた1億5000万円について、二階幹事長は自分は関与していないと発言。その後「責任は総裁と幹事長
       にある」と修正しましたが、これだけの金の行方を誰も説明せず放置する自民党は異常です。


58 面接に慣れぬ敬語の舌もつれ(作 吉武三和子 市民研究員)2021.5.29
     
今学生たちは就活の真っ最中。最終面接が彼らをおびえさせています。

57 下向いて「屁みたいな」と言う女性アナ(作 松井真理子 代表)2021.5.26
     
日本のコロナの感染者数を「さざ波」と言った次は、緊急事態宣言を「屁みたいなもの」と言って辞任に追い込まれた高橋洋一内閣官房参与。
       普段は口にしたこともない下品な言葉を、テレビ画面の前で言わされる女性アナにとってはとんだ災難です。


56 ぼったくり正体みたりIOC(作 松井真理子 代表)2021.5.24
     
IOCのバッハ会長の「ぼったくり男爵」の次は、コーツ副会長の緊急事態宣言も無視するという「はったり男爵」。世界を敵に回す発言です。
       一番情けないのは、国民の圧倒的反対にもかかわらずノーと言えないわが政府ですが。


55 少ないにも程がありすぎ署名数(作 松井真理子 代表)2021.5.21
     
愛知県知事のリコール不正事件で事務局長と関係者が逮捕されました。代表に恥をかかせたくなかったというのが理由らしいですが、大見得を
       きった割には、必要な署名数866,000に対し、集まったのが73,000(8.4%)と1割にも届かなかったわけで、「恥」と思う気持ちも理解できます。


54 歓声なし座布団飛ばず大相撲(作 吉武三和子 市民研究員)2021.5.17
     
緊急事態宣言の延長に伴い、観客が少し入るようになりましたが、シーンとして調子が狂う大相撲です。

53 「ぼったくり男爵」世界の困り者(作 松井真理子 代表)2021.5.14
     
アメリカのワシントンポスト紙は、IOCのバッハ会長を「ぼったくり男爵」と表現し、「地方行脚で小麦を食べつくす王族のように開催国を食い物にする
       悪い癖がある」と批判しました。まさに言いえて妙。笑いには教養とセンスが必要です。


52 GoToも変異しワクチン旅行社へ(作 松井真理子 代表)2021.5.12
     
ワクチン接種を急がせるあまり自衛隊に大規模接種の任務が降りかかり、それをまた旅行会社等に随意契約で37億円で丸投げだそうです。

51 ウィルスが相手でやり場のない怒り(作 吉武三和子 市民研究員)2021.5.10
     
連休が終わったら感染者はますます増加。三重県も「まん防」に指定され、外では酒も飲めなくなりました。

50 一桁と言って昭和に差をつける(作 吉武三和子 市民研究員)2021.5.6
     
昭和は63年間も続いたので、一言では括れませんが・・・。 

49 お買い得賞味期限は今日限り(作 吉武三和子 市民研究員)2021.5.3
     
食品ロス対策でお店が行うセールも、結局欲にかられた消費者の家で捨てられることになります。

48 社長以下みんな呼び捨て更衣室(作 吉武三和子 市民研究員)2021.4.30
     
組織のストレスの吐け口は重要です。

47 発祥は全裸で参加した五輪(作 吉武三和子 市民研究員)2021.4.28
     
そもそもオリンピックとは何かと考えてみれば、商業主義とは無縁でした。コロナの感染拡大も、人間の奢りを神が戒めているのかもしれません。 

46 「金のための五輪」コロナが見える化し(作 松井真理子 代表)2021.4.26
     
緊急事態宣言も何のその。何が何でもオリンピックをやるらしいIOCと日本の政府。アスリートのためではなく、巨大な権益が見えてきます。

45 宣伝車「お供の聖火」引き連れて(作 坂東 行和 顧問)2021.4.23
     
3月25日福島を出発した聖火リレー。121日間で47都道府県を廻る。広報車に続いて先導する巨大なコンボイは、トヨタが設計して「希望の道
       繋ごう」と宣伝する
4軸大型の2020NTTトレーラー。コカコーラなどスポンサー4社の宣伝車による「大音量とマスクなしDJ」の異様な演出。SNSでは
       「どんちゃん騒ぎ」「復興五輪が聞いてあきれる」などスポンサーや組織委への批判が炎上。
これでは、「聖火」が添え物で、スポンサーの宣伝車が主役
       みたい。先導車じゃなくて、「空騒ぎ」を煽る「煽動車」だね。


44 「来ないで」と言いつつ五輪はどうする気?(作 坂東 行和 顧問)2021.4.21
     
コロナ感染拡大「第4波」。小池都知事は4月16日の定例会見で「都外から東京には来ないで下さい」と呼びかけ、これは「強いが必要なメッセー
       で、五月連休も挟みます」と強調。「出入り禁止令だ」「首都封鎖令だ」
との声もある。さすが、五輪を「コロナに打ち勝った証に」とは言わなくなったが、
       それでも「『多様性と調和』を発信していく」と強気だ。だけど「
京に来るな」「旅行は中止して」「買い物も3日に1回に、通販も活用して」「まん防措置
       も要請する」などという状況下で、五輪開催できるのかな?


43 傷に塩擦り込む仕打ち汚染水(作 坂東 行和 顧問)2021.4.19
     
菅政権は東電福島第1原発の汚染処理水を海に流す方針を決めたね。建屋の地下水と核燃料の冷却水が混じった高濃度トリチウムを含む汚染水。
       その海洋放出は漁民だけの問題ではないよ。風評
被害が復興を妨げるのは勿論だが、更にそれは地球環境を汚す公害、命と暮らしに対する人権侵
       害でもある。福島からは「被災者の早期救済に背を向けての暴挙」との批判が、国の内外からも「海に流すな」との声が高まっている。政府も東電も、
       この「塞がっていない傷口」の痛みが分からないのかなあ。


42 「五輪中止?」聞きつつ走る聖火かな(作 松井真理子 代表)2021.4.16
     
新型コロナが急速に広がっている中、遂に二階幹事長が「五輪中止も選択肢」と言い出しました。聖火リレーは続いていますが、盛り上がらないです。

41 外堀を埋めた浪速の負け戦(作 坂東 行和 顧問)2021.4.14
     
大阪の「コロナ感染者数」突出と医療危機の大本は、維新の「二重行政廃止」府政にありそう。53府保健所を18に、24区市保健所を1カ所に、
       更に環境科学と公衆衛生の2研究所を統合・削減した。公立病院の
10万人当たり感染症病床は僅か0.9床(全国平均;1.5床)で全国ワ
       スト2
位。09〜11年に日赤病院や千里救命救急センターへの補助金を廃止し、13年に泉州救急救命センターを「りんくう総合医療センター」
       統合を強行、更に市内看護学校への補助を打切って閉校に追込み、
看護師不足で大騒ぎ。そこで付句「アホかいな外堀を埋めりゃ城滅ぶ」

40 「まん防」の下で五輪とは面妖な(作 坂東 行和 顧問)2021.4.12
     
コロナ禍「第4波」は明らか。重症化のリスクが高い変異株感染は、兵庫で感染者の7割超、神奈川で6割…という風に各地で拡大しているのに、
       東京都が僅か3%だという発表は怪しいね。「スクリーニング検査を
怠ったからだ」との批判もある。その東京都が、4月8日、「まん防(まん防止等
       重点措置)」適用要請を決定したよ。でも、
輪の中止は棚上げだ。五輪は開くが「まん防」も要請するという奇論。都知事の「やぶれかぶれ」の思
       い付きでなきゃ良いんだけど。 
                                                     

39 コロナ禍で桜を見る会忘れさせ(作 松井真理子 代表)2021.4.9
     
桜を見る会についてはまだ数々の疑惑がありましたが、コロナのせいですっかり忘れていました。結果的にうまく利用しています。

38 五つの輪パンデミックでつなぐとは!(作 坂東 行和 顧問)2021.4.7
     
オリンピック憲章はオリンピック・シンボルを「5つの輪」で構成しているね。単色又は五色(左から青・黄・黒・緑・赤)の輪で、五大陸とその相互の結合
       を意味しているそうだが、コロナ禍の世界的な流行のもと、オリ・パラの無理な開催は、東京発パンデミックの五大陸への撒き散らしになりかねない。


37 無派閥と称する一派の派閥色(作 坂東 行和 顧問)2021.4.5
     
坂井官房副長官らが催した「無派閥議員13人の官邸での会食」が、4月2日、官房長官から厳重注意を受けたとうニュース。この「無派閥」という
       括り方は、どうも腑に落ちない。会食したのは、菅首
相が設立し、衆院当選4回以下の無派閥・非世襲議員から成る「ガネーシャの会」の面々。
       菅グループの中核だ。この官邸における「派閥色の強い会食」に野党からは勿論、与党内からも批判の声が上がっているよ。


36 担がれて笑う気もなしエイプリル(作 坂東 行和 顧問)2021.4.2
     
エイプリルフール。大真面目な嘘にひっかかり、「やられちゃった!」と頭をかいて互いに大笑いしたのは、昔の話。この頃は、政治家の嘘を初め、ネット
       などを通じて無責任なフェイクが日常茶飯事になり、「四月バカ」のユーモアが通じなくなってきたね。4月1日だけ嘘を楽しめるという「健全な時代」を
       
取り戻したいです。

35 リバウンドの町を聖火が駆け抜ける(作 坂東 行和 顧問)2021.3.31
     
1936年のベルリン大会から始まった聖火リレー。本来、声援と歓呼に溢れる筈の沿道は、自粛の呼びかけや規制で、もうひとつ、盛り上がりません。
       福島での
出発式実況放送でも「感染拡大の不安」の話がでました。海外観客の受入れも断念したこの大会。「開催ありき」の強引さばかりが先走
       走って、「人類がコロナに勝った証」とか「復興五輪」とかいうだい尤もらしいメッセージのも空回りするばかり。そんな状況下、聖火リレー参加者の懸命
       な姿が健気です


34 解除すりゃからかうようにコロナ増え(作 松井真理子 代表)2021.3.29
     
3月21日に首都圏の緊急事態宣言が解除されましたが、ほぼ同時に全国でコロナ感染者が増加し始めました。為政者もからかわれているようです。

33 とりあえずリレーの聖火に火がともる(作 吉武三和子 市民研究員)2021.3.26
     
コロナがリバウンドする中、コロナ対策をした聖火リレーが始まりました。反対意見も根強く、聖火ボランティアは次々キャンセルと、盛り上がりませんが
       やるしかないのでしょう。


32 聖火リレーも盛り上がらない無観客(作 松井真理子 代表)2021.3.22
     
東京オリンピックは海外からの観客を入れないことが決定されました。実際コロナはとても海外から大量の人を入れることができる状況ではありません。
       聖火リレーは3月25日からスタートの予定ですが、盛り上がらないこと甚だしいです。


31 「解除する」と生気のない顔かすれ声(作 松井真理子 代表)2021.3.19
     
菅首相は昨晩、21日で緊急事態宣言を全面解除することを発表しました。前向きなメッセージを期待しましたが、目はうつろ、声は弱々しく、
       国民に向けてもう少し言いようはないものかと思います。


30 「記憶にない」と言える官僚出世する(作 松井真理子 代表)2021.3.17
     
東北新社が外国資本規制違反があったことを、同社が総務省に報告したとの国会での発言に対し、総務省側は「報告を受けた記憶は全くない」
       と13回も同じ答弁を繰り返しました。よく良心に恥じずにこういう答弁ができるなと思う一方、こういう人だから出世するんだろうと納得しました。


29 入門書ばかりが増える好奇心(作 吉武三和子 市民研究員)2021.3.15
     
その次にはなかなか行きませんが。最近のコンビニはこの手の本が並んでいますね。

28 とばし読みとばしたよこが出る試験(作 吉武三和子 市民研究員)2021.3.13
     
大学入試の結果がだんだん背そろってきました。試験と聞くと昔のことを思い出します。

27 8年の膿が噴き出す菅政権(作 松井真理子 代表)2021.3.10
     
総務省官僚の接待問題などこのところいいことが何もない菅首相。もともと安倍政権時代からの身内優遇、官僚の恐怖支配などの延長
       にあるものばかり。安倍―菅長期政権の腐敗が一挙に表に出てきたようです。


26 リコールをやって辞職を求められ(作 松井真理子 代表)2021.3.8
     
愛知県知事のリコールに関わった名古屋市長が、署名の不正事件のため、今度は市民団体が市長の辞職を求める集会を行ったそうです。

25 嬉しいが名前忘れる孫ひ孫(作 吉武三和子 市民研究員)2021.3.5
     
孫やひ孫からの連絡は嬉しいですが、93歳にもなると名前を混同してしまいます。

24 玉ねぎの生命が芽吹く冷蔵庫(作 吉武三和子 市民研究員)2021.3.3
     
人はそれを「食品ロス」と言います(食べられれば食べます)

23 イエス!とは誰も言わない偽署名(作 吉武三和子 市民研究員)2021.3.1
     
大村知事リコール署名の大量の偽造が大問題になっていますが、幹部の高須氏、河村市長、田中事務局長のだれも「やっていない」そうです。

22 接待も下っ端7千上7万(作 松井真理子 代表)2021.2.26
     
東北新社による総務省の官僚の接待が明らかになりました。現内閣広報官の山田真紀子氏に対する1回7万4千円をトップに、下は課長級の7500円
       だそうです(下記参照)。金額によってその人の接待者側から見た価値が明らかです。
          総務省接待11人処分へ 首相「長男関係し申し訳ない」: 日本経済新聞 (nikkei.com)

21 騒ぐからよく分からんが辞任する(作 坂東 行和 顧問)2021.2.24
     
オリ・パラ組織委の森喜朗会長が女性蔑視発言の責任問題で辞任したね。12日、組織委「合同懇談会では「解釈の仕方」がどうの、「不注意も
       あったかもしれない」がこうのと、あれこれ釈明した。だけど、
辞任すれば、ジェンダー平等議論が総て終わるわけではないよ。森氏もその擁護者たちも、
       コトの本質が全く分かっていない。だから後継者を密
室で選んで更に混迷を重ねたりして未だに迷走を続けている。森さんはキョトンとして、何やらよく
       分からない様子だけどね。


20 アッキーの次は息子がお騒がせ(作 松井真理子 代表)2021.2.22
     
菅総理の息子が衛星放送事業の許認可をめぐって総務省の役人の接待疑惑。「利害関係者」だけに単なる私人では逃げられません。

19 「わきまえる」女が後を継いだだけ(作 坂東 行和 顧問)2021.2.19
     
18日、橋本聖子五輪相が、オリ・パラ組織委の森喜朗氏の後任として会長就任を受諾したね。組織委の評議員会で理事を選び、理事会互選
       で会長
を選ぶこの流れも、森人脈の政治主導。もともと聖子氏は森氏の肝煎りで政界に進出し、森氏の出身派閥(細田派)に属し、9条改憲、
       国
防軍、核武装、靖国参拝などに賛成する「森氏の申し子」で、「五輪開催ありき」の立場だよ。彼女のセクハラ疑惑(週刊文春14年8月)の再燃
       は
さて置くとしても、「女の会長なら文句あるまい」と言わんばかりの人選で「森院政」が続くかもね。

18 入院を拒まれ在宅罰せられ(作 坂東 行和 顧問)2021.2.15
     
医療崩壊で入院を希望しても断られる。一方で、入院しないと過料を科される。コロナ感染は自己責任。これでは国民は「踏んだり蹴ったり」だよ。
       こんな事を決めた政権党議員を罰するルールを作りたいね。


17 勇み足恥は世界を駆け巡る(作 松井真理子 代表)2021.2.13
     
昨日の川柳で紹介した川淵さんの後任人事はあっという間に白紙になりました。世界に向かって恥の上塗りをする毎日です。

16 後任は顔色の良い80代(作 松井真理子 代表)2021.2.12
     
東京オリパラ組織委の森会長(83歳)が、国内外の批判に耐え切れず遂に辞任しました。後任は元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)。
       森氏よりさらに高齢の男性であることに驚きますが、がんを抱えて具合が悪そうに見える森氏より顔色は健康そうです。

        出典:スポーツ報知 2021年2月12日

15 組織委を仕切りましょうかと総会屋(作 坂東 行和 顧問)2021.2.10
     
東京オリパラ組織委の森喜朗会長による女性蔑視発言(2月3日、JOC臨時評議員会)に対する抗議が広がっている。多様な意見や丁寧な
       討論を排除し、
男性のイエスマンばかりを良しとするような考え方は、まるで仕組まれた株主総会。総会屋を雇って「お手を拝借」シャンシャンで
       議論を封じさせればいいという発想だね。なぜ批判が炎上しているか、森さんは全く分かっていないようで、キョトンした顔しているように見える。


14 呪われた五輪の仕上げは性差別(作 松井真理子 代表)2021.2.8
     
2020東京オリンピックは招致時の「アンダーコントロール」から始まって、エンブレム、競技場、賄賂、コロナによる延期等さまざまな大問題を経て、
       今や風前の灯です。そんな折も折、東京五輪組織委員会の森会長による「女性は会議が長い」発言。世界に大恥を発信してしまいました。


13 Yes!ではない8割の無効票(作 松井真理子 代表)2021.2.4
     
「Yes!高須クリニック」のコマーシャルで有名な院長の高須克弥氏が主導した、愛知県知事リコール署名の83%が不正・無効だったことが発覚。
       高須氏はトランプ張りの陰謀論を唱えているようですが、民主主義の根幹を脅かす事態に波紋が広がっています。


12 無影灯貴賤貧富を脱がされる(作 吉武三和子 市民研究員)2021.2.1
     
手術台はともかく、最近はコロナ感染による入院やPCR検査も「上級国民」が優遇されるとか。

11 補聴器に眼鏡にマスク耳酷使(作 吉武三和子 市民研究員)2021.1.27
     
改めて気付きました。

10 日本の行末に泣く癖の酒(作 吉武三和子 市民研究員)2021.1.25
     
政治も経済も閉塞し、文化も他国にどんどん差を広げられ、科学を軽視して「問題ない」というリーダーに泣かずにはいられません。

 9 寒風に揺れる五輪の歓迎旗(作 松井真理子 代表)2021.1.23
     
東京オリンピックを中止するという論調が次第に強まっています。四日市でも事前練習の受け入れ国を歓迎する旗が今もなお商店街に下がっ
       ていますが、寒風にさらされています。

 8 総理の座就いたばかりに底が割れ(作 松井真理子 代表)2021.1.18
     
本日発表の読売新聞の世論調査によると、菅内閣の支持率は39%で、「不支持」は49%と逆転しました(毎日新聞調査では、支持33%、
       不支持57%)。安倍内閣の鉄壁の「実力者」幹事長も、今や見る影もありません。


 7 リーダーの資質を見える化するコロナ(作 松井真理子 代表)2021.1.16
     
下を向いてメモを読む姿や、後手後手の対応に批判殺到の菅総理。海外では、国民に向けたメッセージで評価を高めている首相も多いのに。

 6 危機対応「する」から「される」大統領(作 松井真理子 代表)2021.1.13
     
アメリカでは、連邦議会への乱入事件を扇動したトランプ大統領が、「核攻撃命令」を出す危険への対応を協議しているそうです。
       断末魔に何をするかわからない、大統領そのものが危機という事態になっているようです。


 5 2回目は緊迫感がややゆるみ(作 松井真理子 代表)2021.1.11
     
先日緊急事態宣言が発出されましたが、最初の宣言の時の緊張感に比べると、ゆるんでいる気がします。実際人出も前の時ほどは減っていない
       ようです。


 4 居酒屋の納入業者にない補償(作 松井真理子 代表)2021.1.8
     
菅政権が重い腰を上げて�1都3県に緊急事態宣言を発出。これに伴い、居酒屋などは夜8時までの営業短縮を要請されます。テレビを見ると、
       自分たちは時短すれば補償金がもらえるが、納入業者さんはどうするのかと怒って、だから時短はしないという店主さんがいました。


 3 ウィルスが相手でやり場のない怒り(作 吉武三和子 市民研究員)2021.1.6
     
緊急事態宣言を出すことになり菅総理も右往左往。政府の無策に腹が立つものの、よくわからない敵(ウィルス)に誰もが手をこまねいています。

 2 「会食の自粛」をテーマに会食し(作 坂東 行和 顧問)2021.1.4
     
菅首相の「会食」繰返しが続く中、自民党の宮腰元大臣は約30人の会食で飲酒転倒して救急搬送される醜態。同党の埼玉、徳島の県議ら
       の数十人規模の会食も露見した。国民には「会食自粛」を呼びかけながら、自らは緩みっ放しの菅
首相。14日夜の大人数ステーキ会食(銀座)
       が批判されると、同党幹事長は「会食が目的でない。意見交換だ」と開き直った。ならば、
「会食自粛」を語り合う為の会食だったのかな?

 1 賽銭はカードでリモート初詣(作 坂東 行和 顧問)2021.1.1
     
コロナ禍対策として「リモート参拝者は、お賽銭をキャッシュレスでお納め下さい。形式よりもお祈りの真心が大切」と言う神社も現れた。神前に
       詣でる場合は、鈴緒にエア・タッチすれば、電子音が神サマに届く。神さびた趣きが醸し出す有難みや霊験が、何やら薄れそうだと思うのはヤ
ボかな?
       今や
初詣も様変わり。「スマホ参拝」などの新風俗が意外に流行り出すかもね。何はともあれ、明けましておめでとう!


過去の市民社会川柳
05年 06年 07年 08年 
09年 10年 11年 12年 
13年 14年 15年
 16年
17年 18年 19年 20年
2016年市民社会川柳ベスト10
2017年市民社会川柳ベスト10

2018年市民社会川柳ベスト10
2019年市民社会川柳ベスト10
2020年市民社会川柳ベスト10