市民社会川柳
(2020)
「笑い」「風刺」は昔から市民の武器でした。
市民社会のあれこれを、市民が楽しく詠んでいきます。











87  サル軍団の無法米軍ほどでなし(作 坂東行和 顧問)2020.8.15
     
7月下旬以降、桑名市星見ヶ丘などの住宅街に30匹ものサルが現れて街を占領(?)。我がもの顔に動き回わったね。TVや新聞が全国的に大報道。
       大騒ぎの末、無法ザルの群れは市職員らによって追い払われた。他方、同じ「招かれざる客」でも米軍人は未だ自由に動き回ってるよ。コロナ感染が
       世界最多の米国は入国拒否対象国だが、日米地位協定に基づき、基地に直接入る米軍人はも検疫もなく、追い出されもせず、基
地外に出るの
       自由だ。それでも国やマスコミは騒がない。「地位協定ないからサルは追い出せる」


86  欲しい声拾い集めて「街の声」(作 坂東行和 顧問)2020.8.13
     
「外出は控えてほしい」「営業時間を規制すべきだ」「緊急事態宣言を出す状況でない」「大騒ぎし過ぎる」「第2波が始まっている」……、閣僚や知事
       や「専門家」や評論家が何か言う度に、TVニュースでは町角を歩く人にマイクを向けて、あれこれの「街の声」を流す。あれって、アット・
ランダムに拾い集
       めているように見えるけど、実はテレビ局の思惑どお
りに編集しているんだろうね。「何げないニュースの裏にも怖さあり」。

85  「歯磨き粉」に負けじと張り合う「うがい液」(作 坂東行和 顧問)2020.8.10
     
東京の小池知事が「歯磨き粉の使い方」を勧めたら、他方で大阪の吉村知事が「うがい液の効用」を勧め始めた。何れも、行政施策ではなく、住民の
       「自己責任」を促しただけ。「個人の感想です。効用を示すものではありません」というサプリのCMみたい。
「やってる感」を見せる為に、首長が「この夏は
       特別な夏」とか「嘘のような本当の話」などと称して、検証抜きの「思い付き」を振り撒くという新「方式」。そう言えば政府も「ウイズコロナ時代の新しい旅
       のスタイル」などと提唱している。行政が取り組むべき課題そっちのけ。怪しげな言葉の「先走り競争」に御用心。


84  コロナ禍で自粛警察も大流行(作 松井真理子 代表)2020.8.7
     
コロナ流行で「自粛」が世間の正義となり、外出して罹患した人は猛攻撃を受けています。SSK設立時、政府が行くなという海外での活動で捕まった
       人の自己責任論や、日本にいる家族にまで抗議の電話やFAXの嵐だったことを思い出します。


83  世界史の教科書に載る年になり(作 松井真理子 代表)2020.8.5
     
WHO事務局長は、「コロナ禍の影響は今後数十年に及ぶ」と発言。経済への重大なダメ―ジをもたらすコロナ禍は、歴史を変える可能性が大きいです。

82  コロナ禍は覚悟の上で夜の街(作 吉武三和子 市民研究員)2020.8.3
     
あれだけ夜の街に出るなと言われても出る人は出ているようです。それほど夜の街は魅力的なのでしょうか。

87  第二波で首相はGoTo国会へ(作 松井真理子 代表)2020.7.31
     
昨日はコロナの感染者が1日1302人と、緊急事態宣言を出した時の2倍近くになりました。こんな中、安部首相は私邸で夏休み状態のまさに異常事態。
       国会の閉会中審査にも出ず、野党が求める臨時国会の開催にも難色を示しています。


86  大学の印刷室にも閑古鳥(作 松井真理子 代表)2020.7.29
     
コロナのために人数の多い授業は遠隔でやっているため、学生に渡す資料を印刷する必要がなくなりました。事務機器屋さんにきくと、コピー機の使用量が
       昨年の1/10だそうです。これも営業を圧迫します。


85  マスクしてGoTo肩身の狭い旅(作 松井真理子 代表)2020.7.27
     
コロナが全国に広がり、GoToキャンペーンの旅行も駅でマスコミの取材を受けるなど、何か悪いことをしているような感じです。

84  第二波でそろそろタネ切れカタカナ語(作 坂東行和 顧問)2020.7.24
     
政府や都の「コロナ対策」。「後手、場当たり、不手際…」等々の批判に対して、「やってる感」を示す為にカタカナ語を使うらしい。「クラスターやスーパー
       スプレッダーやオバーシュートに因るパンデミックを防ぐ為にロックダウンを…」という具合。「
ステイ・ホーム」や「東京アラート」を初め、エピデミック、コロナファイター、

       アウト
ブレイク、ゾーニング、エピカーブ、ソーシャル・ディスタンス、インフォデミック、テレワーク…、そして『Go to キャンペーン』ときた。初めは有難い御託宣に
       聞こえた横文字も結局、分かるようで分からない。しかも第一波で使い過ぎて、出尽くしちゃった


83  GoToでトラベルがトラブル起こしてる(作 坂東行和 顧問)2020.7.22
     
政府は、非常事態宣言の解除後、「感染の拡大・医療体制の逼迫」を過小評価して、イベント自粛の緩和や「Go To」の前倒しに踏み切ったけど、
       首都圏や都市部でコロナ感染の急拡大に基づく批判が強まると、
「Go To トラベル」の対象から東京を
外したね。「キャンセル料は補償せず」と、
       相変わらずケチりながらも
「経済活動優先」に固執、Go Toを22日から実施すると強気だ。だけど、この泥縄式対応に対して知事会も業界も困惑。
       旅行半額どころかキャンセル料負担で泣く人も… 


82  スーパーで何故か「アマエビ」よく売れて(作 坂東行和 顧問)2020.7.20
     
アマビエは、弘化3(1846)年に肥後国で疫病の流行を予言した妖怪(当時の『瓦版』記事)。水木しげるの『続妖怪事典』(1984年)にも登場
       したけど、そのイラストが、コロナ・パンデミックに伴い、「#アマビエ」としてSNSで拡散され、マスコミも大騒ぎ。厚労省Webの広報も、このイラストを
       利用し、各地の寺社の朱印や護符も「疫病よけ」の意匠にこれを採用菓子やダルマなどの商品まで現れる始末。遂には、ブーム便乗の勢いで

       北洋特産の
「アマエビ」を食べると何故か「疫病退散の霊験あり」という「都市伝説」まで現れて…と言うけど、その真偽は定かじゃないですな。

81  新棋聖脱げば無邪気なセブンティーン(作 吉武三和子 市民研究員)2020.7.18
     
17歳11ヶ月で棋聖のタイトルを獲得した藤井聡太7段。着物姿が板についてきましたが、終了後の笑顔はあどけなく、そのギャップが大人気です。

80  被災地視察作業しないが作業服(作 松井真理子 代表)2020.7.15
     
安倍首相は熊本県の被災地を視察。作業するわけでもないのに作業服を着て、要は支援のお金を出してやるぞとのパフォーマンスでしょう。
       多忙な地元は、お金だけ出してもらって、誰も来ないのがベストだと思われます。


79  解禁だコロナGo To 全国へ(作 松井真理子 代表)2020.7.13
     
問題だらけのGo Toキャンペーンは、8月からの予定が7月22に力に前倒しになりました。これだけコロナが東京から全国に広がっている時に・・・。

78  織り姫はディスタンス保って投げキッス(作 坂東行和 顧問)2020.7.10
     
7月7日、「天の川」で、牽牛と織女が年に1度の逢瀬の日。今年はコロナ感染予防のため、ハグすることも叶わず、ハイタッチさえをも諦めて、織り姫
       (織女)は「
ソーシ
ャル・ディスタンス」を保ちつつ、彦星(牽牛)に向かって「投げキッス」…、涙ながらにカササギの翼に乗って去って行くという切なくも哀しい
       エピソード。七夕異聞でした。   
  

77  避難指示リュックにマスクの束を詰め(作 松井真理子 代表)2020.7.8
     
九州の豪雨で河川が氾濫する災害が起きています。withコロナの時代にあって、避難所もコロナ対策が重要。マスクは非難時も必需品です。

76  候補者は見た目も大事都知事選(作 松井真理子 代表)2020.7.6
     
昨晩開票の都知事選は開票直後に小池現知事の当確。二番手だった宇都宮さんは良さそうな方ですが、見た目に地味過ぎました。

75  謝罪劇マスクのお陰で顔伏せず(作 坂東行和 顧問)2020.7.3
     
19年7月の参院選をめぐる買収事件。広島選挙区内の地方政治家たち、起訴され有罪になれば政治生命が一巻の終わりだから、「河井容疑者
       から現金を押付けられたんだ」とか「後から返した」とか「悪いのは自分じゃない」と言わんばかりの「告白」や辞職が次々。本来、彼らは
選挙民に顔向け
       出来ない筈で、告白や弁明で
TVに出る時は、顔を伏せたいところだろう。だけど、折からのコロナ感染予防のマスクが、うまい具合に「厚いツラの皮」を
       隠してくれる。アベノマスクより大きくてね。


74  黴雨(ばいう)時官邸ズブズブ液状化(作 坂東行和 顧問)2020.7.1
     
同じ梅雨でも、「早乙女が裳裾ぬらして玉苗植うる」のは「五月雨(さみだれ)」の名が似合うけど、「金権腐敗で黴(かび)が繁殖する永田町のつゆ」
       は「黴雨」の字が相応しいよ。買収事件の告白ドミノが始まった「首相−前法
相−広島選挙区」のドロドロ関係、持続化給付金の再委託をめぐる
       「経
産省−電通−外注先63社」などのネチネチ関係)、辺野古工事、防衛、カジノ、教育などの産業利権に絡む「政官財の癒着(鉄のトライアングル)」
       は枚挙に暇ない
。金権腐敗の進行で、「じめじめ」どころか今や雑菌ウヨウヨ、「ズブズブ」液状化だ。梅雨明けが待ち遠しいね。


73  ウケないねマスク着けての腹話術(作 坂東行和 顧問)2020.6.29
     
コロナ禍の下、弦楽器の演奏などはマスクを着けも出来るし、寄席の落語や漫才はラジオでも出来る。でも、口元の表情に意味のある腹話術は、
       ラジオやCDでは出来ないし、マスクを着けたら「芸」にならない。
そこを逆手にとって、「感染予防の為」と口上を述べながら、TVでマスクを着けて腹話
       術を披露するってのはどうだろう?。ついでに人形にもマスクを着けたりして…。素人の「隠し芸」なら、ウケるかもね。


72  拘置所は「適材」行き着く「適所」だね(作 坂東行和 顧問)2020.6.26
     
12年12月の第2次安倍政権発足以来、人事の「適材適所」は官邸の口癖だったね。ところが、政権の「守護神=黒川氏」の下、公選法違反の
       松島みどり元法相を初め、小淵優子、甘利明、下村博文の元大臣、佐川宜寿元理財局長らの違法疑惑ゾロゾロが悉く不起訴になった。でも、
       「守護神・黒川前検事長」が、賭け麻雀で辞職した後、河井克之前法相と妻の案里議員が公選法違反で起訴され、拘置所に入っちゃ
った。
       成程!彼らが「適材」として本来収まるべき「適所」とは、
先ず(未決)拘置所だったんだ。「守護神」サマもお入りになっては?

71  縄を綯(な)う人がお縄になる世相(作 坂東行和 顧問)2020.6.24
     
「泥棒を捕らえて縄を綯う」」という諺。略して泥縄。泥棒を捕えてから慌てて縄を作り始めても、泥棒は逃げてしまう、という意だね。しかし当世では、
       その「縄を綯う人」自らが「お縄を頂戴する」有様だから、世話はない。河井元法相が公選法違反で起訴されたのなら、「桜」関係の
背任罪で告発され
       安倍首相の
告訴不受理は解せないね。公選法違反(14年)の松島元法相も、賭博罪容疑の黒川元検事長も、歴とした「司直」、つまり「縄を綯う」
       側の役職。時代劇ならば切腹ものだぜ。


70  給付金トンネル作って迂回する(作 坂東行和 顧問)2020.6.22
     
本来、トンネルは最短距離を結ぶ為に掘るもの。コロナ禍で減収の中小企業や個人事業主に国が支給する持続化給付金の事務をめぐり、サービス
       デザイン推進協議会なる正体不明の怪団体から電通とその子会社、孫請け、曾孫請けの数社に、再委託・外注を重ねる「中抜き」の構図が明るみに。
       経産省もその全容を把握しない「トンネル」を通して、迅速が求められる給付を、わざわざ迂回させるという手口が訝しい。「協議会」が暗闇に似合う幽霊
       団体(?)だとしても、まだお盆には早過ぎますな。


69  「襟正す」ネクタイ替えるだけかもね(作 坂東行和 顧問)2020.6.20
     
6月17日の国会閉会を待って、東京地検特捜部は19年7月参院選における買収容疑で、18日、河井克行前法相と妻の案里参院議員を逮捕
       東京拘置所へ移送した。夫妻に選挙資金1億5千万円を支給した自民党本部や河井氏を法相に任命した首相の責任が問われているが、首相は
       「責任を痛感」などと言うだけ。「襟を正す」以外、どんな具体的な責任の取り方をするかは不明。ネクタイの色を変えるだけかもね。


68  アラートは都知事の周辺なお止まず(作 坂東行和 顧問)2020.6.17
     
都知事選への出馬を表明した小池百合子氏。「次々と政党を渡り歩き、自民党の歴史的使命は終わったと言いながら、本性は同党と同じ穴の
       ムジナ。東京大改革として掲げた7つのゼロは殆ど実現せず、横文字フレーズで煙に巻く都民ファーストならぬ都民ワーストだ…」と、あれこれ批判する
       声も出ているけど、アラート解除と「庁舎の赤色照明オフ」と自分の出馬表明とを組合わせるなど「劇場演出力」は流石みごと!でも、学歴詐称疑惑
       が一部で燻ぶり続け、都内感染者も依然続出。「知事周辺、アラート未だ止まず」ですな。


67  責任はあるがとるとは言ってない(作 吉武三和子 市民研究員)2020.6.15
     
もはや耳にタコの「責任は私にある」。10回辞めてもいいほどの責任を一度もとったことがない面の皮。

66  夏は来ぬ「すててこ」ボトムでテレワーク(作 坂東行和 顧問)2020.6.12
     
生産性本部の調査によれば、コロナ終息後、社会人の6割が「引き続きテレワーク中心に働きたい」と答え、「オフィスだけで働きたい」は1割未満
       だったそうだ。ビデオ会議ならスッピンでも美肌アプリで加工
できるし、ボトムはカメラに写らないからスウェットパンツでもステテコでも褌でもOK。
       これぞ究極のクールビズ。環境省ご推薦になるかしら?


65  黒塗りで隠すからなお顕れる(作 坂東行和 顧問)2020.6.10
     
業者への持続化給付金」に関する業務委託が不透明だとする野党の追及に対して、経産省は入札調書を提出したけど、肝心の入札額などは
       黒塗りで非開示。でも、「隠すより現る」っていう
諺の通り、「知られては困ること」が隠蔽されている事が、かえって「見え見え」だ。官邸の思惑を「忖度」
       した経産省の「黒塗り」。そこで、もう2句。「アベさんの覚えめでたき経産相」、「ご乱心殿「黒塗り」のお墨付き」   


64  マスク顔「目は口ほどにものを言う」(作 坂東行和 顧問)2020.6.8
     
喜怒哀楽の感情を最も顕著に表すのは目であると言われています。何も喋らなくとも目が感情を訴えることもあります。また、巧言令色や虚言や隠蔽
       の真偽を、目を見て感知することもできます。政治家の口
先だけの軽忽な言葉は、もう聞き飽きました。あまりにも嘘が多すぎます。当世、コロナ禍で、
       政治家の
口元がマスクで覆われているのを幸い、彼らの目を見つめて、真偽を見極めましょう。


63  米と中デモ鎮圧を競い合い(作 坂東行和 顧問)2020.6.5
     
5月末米ミネソタ州で黒人男性が白人警官の暴行を受けて死亡した事件をめぐり、人種差別への抗議デモがが米全土に拡大。夜間外出禁止令
       や参加者の一部暴徒化や、銃撃によるで死者などが出た。他方、
香港でも24日、国家安全法制定に抗議するデモが行われ、警察が催涙ガスや
       放水砲を使ってこれを規制した
。両国とも互いに罵倒し合っているが、治安保持の名の下に政権によるデモ鎮圧の強行という点で「似た者」同士。
       折しも6月4日は天安門事件31周年。両大国の首脳、あの事件から何を学んだのだろう?


62  政治屋に鬼より怖い週刊誌(作 吉武三和子 市民研究員)2020.6.3
     
「文春砲」などと言われる週刊誌の記事は、政治家や官僚の首が飛ぶ大ネタが多いです。新聞が政治家とズブズブの関係にあることも判明しました。

61  インパルスやっと出番を与えられ(作 坂東行和 顧問)2020.6.1
     
コロナと闘っている医療従事者に「感謝を伝えよう」と、空自のブルーインパルスが5月29日、東京駅、東京タワー、都庁など都心上空を編隊飛行。
       でも、「医療体制の強化こそが先決。曲技飛行などは予算の無駄遣いっだ」との見方もある。予算審議では、史上最大・5兆円超の軍事費、F35
       戦闘機の爆買い、「いずも」の空母化、辺野古新基地建設
などが問題になり、
「国難・コロナ」を前に、自衛隊の在り方が問われていたね。そんな折
       も折、「医療への感謝」という触れ込みで「やってる感」を見せる為(?)の出番ができた。世間への衝撃波(インパルス)効果はあったのかな?


60  体型と目だけで知人を判別す(作 松井真理子 代表)2020.5.28
     
マスクがないと非難の視線を感じるこのごろ。マスクで顔の2/3が見えないので、まちを歩く時は見えるところで知人を判別せざるを得ません。

59  安倍首相アベノマスクで名を残し(作 松井真理子 代表)2020.5.25
     
このところいいことが何もなく、支持率が20%台に落ちた安倍政権。アベノミクスは何の成果もないまま忘れ去られてしまいましたが、アベノマスクは
       人々の記憶にしっかり刻まれました。憲政史上最長の政権のレガシーとなることでしょう。


58  官邸の守護神いきなり犯罪者(作 松井真理子 代表)2020.5.22
     
法律を曲げてまで官邸が次期検事総長にしようとした黒川東京高検検事長が、週刊文春でかけマージャンの常習者であることをすっぱ抜かれ、
       昨日辞表を提出しました。「官邸の守護神」が急転直下犯罪者(本人も認めているらしいので)へ。安倍政権はいよいよ追い込まれています。


57  コロナ後はリニア無用の時代来る(作 松井真理子 代表)2020.5.20
     
ZOOMなど遠隔会議に慣れてしまうと、会議のためにわざわざ東京へ行くなど金と時間がもったいない感覚になります。新幹線の乗客も激減して
       いる今、客の取り合いになる上、人口減少社会に入っている日本に、膨大な金がかかるリニアはもはや無用と思われます。


56  アベノマスク小顔判定に使われる(作 松井真理子 代表)2020.5.18
     
市中にマスクが出回り始めた昨今ですが、アベノマスクはいまだに届きません。小さいと評判のこのマスクは、若い人の間ではこれを付けてあごが
       出るかどうかで「小顔判定」に使われているとのことです。


55  500万のつぶやき国会包囲する(作 松井真理子 代表)2020.5.13
     
幹部ポストの定年延長を政府の判断でできるようにする検察庁法の改正案に反対するツイッターが、芸能人なども参加して500万に達しました。
       60年安保闘争の時は、最大30万人が国会を包囲したそうですが、それをはるかに超える国民の怒りの声です。


54  政権党ロゴがコロナに見えてくる(作 坂東行和 顧問)2020.5.11
     
新聞に載った政党のマークを見ていた或る人が言いました。「今気付いたんだけど、太陽の周りのあるのは光冠、あれはコロナだよね」と。なぁーるほど!
       そう言えば、フジ・産経グループのロゴも半分だけコロナに似ている気がするし、自民党のバッジもコロナのように見えて来る。ヒトラー親衛隊が「こわもて」
       の髑髏マークを用いて独裁を支えた顰みに倣ったのかな?それとも体質をそのまま徴表したのかな?その内、この2党が「コロナ党」と呼ばれたりして…  

                     

53  流行語今年はコロナで埋まりそう(作 松井真理子 代表)2020.5.8
     
新型コロナが流行り出してから、今までにない言葉が一挙に広がりました。「三密」「濃厚接触」「クラスター」「ロックダウン」「PCR」「ソーシャル
       ディスタンス」
「パンデミック」「アビガン」「オーバーシュート」「緊急事態宣言」「アベノマスク」「うちで踊ろう」・・・。流行語の宝庫です。

52  アッキーから目が離せない週刊誌(作 坂東行和 顧問)2020.5.6
     
コロナ対応の自粛要請が出される中、首相夫人昭恵氏の「お騒がせ」が度々物議を醸したね。下関でのカフェ経営、都内での会食、宇佐神宮
       参拝など…。緊急事態延長の下、「飲みに行けず、仲間にも会えず、自宅でイライラ」している
との観測も(週刊朝日5月8日)。「夫の立場も国民
       の批判も考えない奔放さ」に与党内でもハラハラ。週刊誌は同氏を批判しながらも、「お騒がせ」の次なる展開に虎視眈々。そこで付け句、「アッキー
       が つぎ何しでかすか 期待され」。ついでにもう1句、「『アッキー砲』
ベ政権を潰しそう」。そうなれば、昭恵さん、政権崩壊の功績者だね。


51  「三密」の狭い我が家が怖くなり(作 坂東行和 顧問)2020.5.4
     
コロナ禍対策で、首相や首長が「三密を避けて外出を控えるべき旨」を要請した。尤もなことだ。でも、世間には、団地サイズ(3DK前後)に、高齢者、
       夫婦、子や孫など
が「密室・密集・密接」状態で、ひしめいている居宅も多い。現に家族間クラスターが発生した県もある。首相は邸宅の居間で寛ぐ
       姿を公開して範(?)を示したつもりだったらしいけど、こん
なパフォーマンス、「兎小屋」暮らしの庶民感覚からはズレてるよね。


50  メーデーの気炎コロナに抑えられ(作 吉武三和子 市民研究員)2020.5.1
     
今日はメーデー。いつもならたくさんの労働者が集まってくる日ですが、今年はオンラインで連合会長のメッセージの配信だそうです。

49  みな家族世界は一つのマスク顔(作 坂東行和 顧問)2020.4.29
     
世界中の人がマスクを着用して、みな同じカオになったね。太古から、ヒトは入墨、抜歯、髪型、鼻輪などの共通の「しるし」で、集団の同一性を
       表わし、協働して共通の敵に立ち向かい、平和を保持してきた。今や「
マスク」は人類が同じ家族であるという「しるし」。国籍、人種、信教、性別
       などによる差別、憎悪、戦争などは異星人(?)の仕業かも。超大国の核兵器もウイルスには勝てないよ。


48  「閉めぬ店」公表したら客殺到(作 坂東行和 顧問)2020.4.27
     
4月24日、大阪府は「コロナ特措法」に基づき休業要請に従わない複数のパチンコ屋の店名を公表(内、要請に従ったのは2店舗のみ)。まるで
       
営業続行中の店名を教えたようなものだね。SNSで情報が広がり駐車場は越境ナンバーだらけ。行列が並び、開店と同時に店内へ雪崩込んだ
       客足が普段の3割増しとも。「国や府が補償してくれるわけや
なし。需要と雇用を守る為にも店開けるんや」との弁。成程ね。

47  「トレンディ!」マスクにぴったり胡坐鼻(作 坂東行和 顧問)2020.4.24
     
眉上弓が高く鼻筋が通っていてギリシャ彫刻のように「彫りが深い顔」に憧れる向きも見られるけど、高い鼻梁は、マスク着用には不便ですな。
       当初、欧米でマスク着用が直ちに普及し
なかったのも、何となく頷ける。鼻と口を覆うマスクは「彫りの浅い顔」にフィットします。コロナ禍蔓延の当世、
       「低い鼻」こそ時代の最先端だ。我らモンゴロイド、マスク顔に自信を持とう!


46  立てこもり警察野次馬密集す(作 松井真理子 代表)2020.4.22
     
福岡市で立てこもり事件が発生。最初にコロナの緊急事態宣言が出た地域ですが、警察は当然多数出動、野次馬も密集していました。

45  「空いた口ふさげ」とマスクを配ってる(作 坂東行和 顧問)2020.4.20
     
各世帯への布マスク2枚の配布など、感染拡大と収入急減に苦しむ国民の不安とズレた「政策」に、「開とは、いた口がふさがらない」という声も。
       その「開いた口」を塞がせる為にマスクを配るんだよ。きっとそうだよね。


44  本当の緊急事態はわが家計(作 坂東行和 顧問)2020.4.18
     
コロナ禍に乗じて自民党改憲推進本部は「憲法への緊急事態条項の創設」を議論。維新議員の質問に対して、その検討への期待を表明したが、
       その「政府への権限集中と人権侵害」の危険性は歴史が示す通りで、それを知る現行憲法が儲けなかったその条項を、アベ氏は改憲の柱の1つに
       据えたんだけど、本来コロナ感染防止と憲法へのこの条項の創設とは全く無関係。衆院解散後の緊急集会なら現行憲法の54条で十分足りる。
       今、国民生活にとって真の「緊急事態」補償なき自粛」要請がもたらす「家計の逼迫」だと言いたいね。


43  昭恵氏が家で踊れば効果あり(作 松井真理子 代表)2020.4.15
     
新型コロナ対策の外出自粛の広報用に、安部首相が流した星野源の「うちで踊ろう」の歌とのコラボ動画が、「何様のつもり」「貴族か」と
       大炎上。早速コメディアンのたむらけんじが作ったパロディが喝采を浴びています。首相より妻がおとなしく家にいたら効果抜群でしょうが。
 

42  難聴の耳元の声かけ仇になり(作 坂東行和 顧問)2020.4.13
     何のためにマスクをしているんでしょうね。「コロナ対策」として「3密」を避けたい今、折角マスクしてるのに、難聴者に語り掛ける時、心優しい人が、
        ついマスクを外して相手の耳元に口を寄せ、大きな声で話してくれます。その心遣いが仇になりそう。


41  終息の保証はなくて一年後(作 吉武三和子 市民研究員)2020.4.10
     
世界中で新型コロナがまだまだこれから拡大しそうな様相です。一年後という、オリンピック延期の判断は早すぎなかったでしょうか。

40  過疎の村コロナ禍防ぐモデル地区(作 坂東行和 顧問)2020.4.8
     
3月9日の専門家会議はクラスター対策として「密室・密集・密接」(いわゆる「3つの密」)を避けるべきことを示しました。
     住民が久しく心細く感じていた
人口希薄な「限界集落」が、今や最も安心できる空間を提供してくれます。食品の流通が滞っても、裏の畑で
       自給自足できるしね。どうだ、見直したかい?


39  花見時最多サイタの感染者(作 吉武三和子 市民研究員)2020.4.6
     
桜が満開の季節を迎えました。しかし新型コロナのせいで花見は禁じられ、テレビからは毎日感染者が最多となったというニュースばかりです。

38  お国からマスク2枚の四月馬鹿(作 松井真理子 代表)2020.4.3
     
4月1日、安部首相は、全国のすべての世帯を対象に1つの住所当たり2枚ずつ、布マスクを配布する方針を明らかにしました。これに
       どれだけの税金がかかるかを考えると、国が今すべきはそれなのかと思わざるを得ません。


37  四月馬鹿嘘がホントになる恐さ(作 坂東行和 顧問)2020.4.1
     
コロナ禍に関連して「4月1日、緊急事態宣言発令」とか「都市封鎖(ロックダウン)実施」とかの、SNSによるデマが拡散。「政府から民放各社へ
       通達」「
議員秘書からの連絡」「政府要人のオフレコ談話」と尤もらしいウソ。官房長官はこうしたデマの拡散を受け、「そうした事実はない」と懸命に
       否定。でも、普段ウソばかりついている官邸がウソを否定しても、 人々は信じなくなっているかも。


36  この時世ミサイル打ち上げ能天気(作 坂東行和 顧問)2020.3.30
     
3月29日、北朝鮮東岸から、2発の飛翔体が発射され、高度100キロ未満で約250キロ飛んで、日本の排他的経済水域外に落下したとの報道。
       コロナ禍という人類存亡の危機をよそに、
何を考えてるのやら、嬉しそうに今月4回目の弾道ミサイル(?)発射。「ロケット遊び」が過ぎますな。

35  停戦へコロナ一役買うことも(作 吉武三和子 市民研究員)2020.3.27
     
内戦が続くリビアで、新型コロナウイルス対策のため、国連の要請に応じて一時休戦を受け入れました。また国連のグテレス事務総長は、新型コロナの
       感染拡大を受けて「世界中に即時の停戦を求める」と呼びかけました。世界平和に新型コロナが思わぬ役割を果たしているともいえます。


34  今日もまたコロナコロナで日が暮れる(作 松井真理子 代表)2020.3.25
     
毎日テレビのニュースは国内外の新型コロナばかり。世界中で感染者が急激に増えており、4万人を越えたそうなので無理もありませんが。
         *でもこんな記事は笑えます。


33  嘘ついて上は出世し下は死ぬ(作 松井真理子 代表)2020.3.23
     
森友事件で「昭恵案件」文書改竄をさせられ自殺した職員の遺書が公開されました。改竄を指示した佐川氏は国税庁長官に出世しました。

32  霊長が見えぬコロナに悩まされ(作 吉武三和子 市民研究員)2020.3.20
     
万物の霊長などと言っていますが、マスクも通す小さな新型コロナウィルスに世界中が振り回されています。

31  コロナ禍も知らで土筆の目覚め出ず(作 坂東行和 顧問)2020.3.18
     
人間界に何が起ころうと、野の草や花は季節の移り変わりに対して素直に身を任せていますね。サクラ疑惑が未解決であっても、花見の人が集まらなく
       ても、桜は満開になるでしょう。もう1句。「啓蟄やコロナってなあに?と覗き見る」、こっちの方がいいかな?


30  水ぬるみマスク姿の流し雛(作 坂東行和 顧問)2020.3.16
     
「流し雛」は、子供らが野外で雛人形を祭った後、名残を惜しみつつ「雛送り」をする遺風。三月節供が「上巳の祓(はらえ)」の形代(かたしろ)」と習合
       して生じた風習だとの説もある。古意に即して、罪穢(つみ・けがれ)であるコロナ菌を人形に移して流し去ると解すれば、お内裏さま、何とも御苦労様な
       ことで…。今年はマスク着用の変り雛も登場したそうで、大変な時代ですな。


29  採火したがたどりつけるか聖火台(作 松井真理子 代表)2020.3.13
     
3月12日、ギリシャで東京五輪の採火式があり、聖火リレーが始まりました。新型コロナウィルスのためオリンピックは中止だ延期だと大騒ぎ。
       トランプ大統領も1年延期を言い出しました。聖火ランナーは、この火が聖火台に点火されるかわからないまま走らなければなりません。


28  握手したあとそっと手を洗い(作 坂東行和 顧問)2020.3.11
     
感染症防止の目的で、イタリア政府は一般に「キス・ハグ・握手をしないように」要請したそうだ。日本では、自粛要請する一方で、一部議員らが立食
       パーティなどを開き、そこでは、インスタ撮りや握手やハグなど「濃厚接触」。これは却って後援者に対して失礼な所業だ。他方、老健などの職員たちは、
       利用者に「寄り添う」たびに手洗いや消毒を励行している。これは優しさの表れ。失礼には当たらない。


27  隠ぺいや偽装もコロナにゃ歯が立たず(作 坂東行和 顧問)2020.3.9
     
五輪誘致時の「放射能アンダーコントロール」発言を初め、数多の疑惑を「隠蔽、偽装、詭弁、強弁等々」の巧妙な手口で切り抜けてきたアベ総理。
       さすが今季の「コロナ感染防止対策」ばかりは、そうしたウソ
や巧言も官僚の忖度も通用しないね。科学的な論理のみが有効なんだけど、アベさんには
       ムリな注文かな?


26  ホームラン打っても侘しき無観客(作 坂東行和 顧問)2020.3.6
     
プロ野球12球団は「コロナ感染」防止のため3月15日迄のオープン戦残り全72試合を無観客で実施することに。これに次いで、3月19日開幕
       の選抜高校野球も、無観客で実施ということになれば、名物の応援風景も「気の抜けたサイダー」みたいになるだろうね。侘しいなあ。


25  マスク買い押し合いへし合い感染し(作 坂東行和 顧問)2020.3.4
     
マスク売り場で、血相変えて買い溜めに走る人々。濃厚接触どころか、叫び声を挙げながら、押し合いヘシ合い、マスクに群がっていますな。
       コロナ・ウィールス流行が懸念されている折、これじゃあ、感染が拡大しないほうが不思議ですぜ。      


24  この国を先ず日本語から破壊する(作 坂東行和 顧問)2020.3.2
     
「桜」疑惑につき、総理は「募ってるが募集でない」「合意したが契約でない」などと不可解な言葉を吐き、法相は「反社会勢力なる語は様々な
     文脈で用いられている」などと誤魔化す。コロナ
対策については、厚労相は「お詫びさせて頂くという事だけを申し上げさせて頂きたいと
       思います」などと不思議な言語を吐いた。亡国への道は、立憲制や法治主義の崩壊だけではなく「母国語の破壊」をも伴う
のだね。オー ウェルも言っ
       てるよ
「政治的混沌は言語の崩壊と関わる
」と。             

23  3月が突然休みの大混乱(作 松井真理子 代表)2020.2.28
     
安倍首相は、27日夕方、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、3月2日月曜日から全国の小学校・中学校・高校等・特別支援学校
       を臨時休校にするよう要請しました。あまりに突然のことに大混乱が起きています。


22  会食は2時間コロナは11分(作 松井真理子 代表)2020.2.25
     
新型コロナウィルスの広がりが懸念されている中、危機感のない政府の対応が批判を浴びています。安倍首相の新型ウィルス対策の会議の出席は
       平均11分余りで、その後はメディアや知人との会食に、連日2時間も時間をかけているそうです。
      


21  強大な武器も勝てない新コロナ(作 吉武三和子 市民研究員)2020.2.22
     
政府が本当に国民を守る気があるなら、強大な武器を買う予算は新型コロナ対策予算に使ってほしいです。

20  泊まらぬが応援したいANAホテル(作 松井真理子 代表)2020.2.20
     
「桜を見る会」前夜祭の安部事務所の経理をめぐり、安倍首相の衆院予算委員会での発言を、会場のANAインターコンチネンタルホテル東京が
       文書で全面否定。「もうANAホテルは使わない」などと言う自民党議員がいるそうですが、何とか応援したいです(高くてなかなか泊まれませんが)。


19  病院を10日で建てるすごい国(作 松井真理子 代表)2020.2.17
     
中国は新型ウィルスへの対応で大変な事態ですが、感染者1000人を専門に受け入れる「火神山病院」を、わずか10日間で建設しました。その上
       「雷神山病院」も完成予定だそうです。病院を10日で建てるという発想と、それを実行できるスゴ技は、日本では真似できません。


18  隔離してミニ武漢にするクルーズ船(作 松井真理子 代表)2020.2.14
     
ダイヤモンドプリンセス号を洋上隔離して10日。船の中ではどんどん感染者が出ており、検疫官まで感染が確認されました。安倍総理は水際作戦と
       胸を張ったものの、国内で無関係な方の死者も出た今となっては、かえって感染者を増やす原因になっているのではないかと思います。


17  コネクティングルームでしたと胸張る外務省(作 松井真理子 代表)2020.2.12
     
和泉首相補佐官と厚労省の大坪官房審議官の2018年の4回のすべての海外出張について、「部屋は隣同士であり、コネクティングルームでした」と
       外務省職員が国会答弁。その姿は晴れやかで、そういう部屋を公費で取らされることに、さぞ怒っていたことが推察されました。


16  天国から地獄の悲劇クルーズ船(作 吉武三和子 市民研究員)2020.2.10
     
夢のようなダイヤモンドプリンセス号に乗る時は、まさか2週間も部屋に閉じ込められるとは誰も思っていなかったでしょう。

15  憲法に責任転嫁する危機管理(作 松井真理子 代表)2020.2.7
     
新型ウィルスへの日本政府の対応のマズさが目立っています。ところがこれを憲法の緊急事態条項の必要性につなぐ方々がいてビックリです。

14  検察を抑えて首相の高枕(作 松井真理子 代表)2020.2.5
     
桜を見る会の私物化は、首相の背任罪も問える事態となっていますが、今度は黒川東京高検検事長の定年を半年間延長。覚えめでたい彼を
       検事総長に据えるためのメチャクチャな人事が波紋を呼んでいます。やりたい放題もここまで露骨になってくると、末恐ろしい事態です。


13  新ウィルスも「桜」の火消しにはさせず(作 松井真理子 代表)2020.2.3
     
昨日のNHKの日曜討論で、自民党の岸田政務調査会長は、桜を見る会は「政治の信頼に関わる重大な課題も含まれていると認識している」と
       述べ、野党の追及に理解を示しました。ご本人も広島での候補者への選挙費用の10倍の格差など、安倍さんに腹に据えかねているのでしょう。


12  呪われた五輪追い討つ伝染病(作 松井真理子 代表)2020.2.1
     
これまでも国立競技場建設問題、エンブレム問題、猛暑問題など数々の困難に見舞われている東京オリンピックですが、ここにきてまさかの新型
       ウィルスによる肺炎の国際的感染拡大。ツイッターでは「東京オリンピック中止」というワードがトップ10しているそうです。


11  良い総理募集はしないが募りたい(作 松井真理子 代表)2020.1.29
     
衆議院予算委員会で、安倍首相は「地元事務所が(桜を見る会への参加者を)募集ではなく、募っているという認識」と答弁しました。
       これがネット上ではずいぶん話題になっているようです


10  新型ウィルスマスク会社の株上がる(作 松井真理子 代表)2020.1.27
     
中国発の新型肺炎が猛威を振るっています。特効薬がないとなればマスクで防ぐしかなく、ドラッグストアにはマスクの箱が積み上げられています。

 9  施政演説無視する民の関心事(作 吉武三和子 市民研究員)2020.1.24
     
年明けて通常国会が始まり、安倍首相の施政方針演説がありましたが、桜疑惑、IR汚職など、国民の関心事には一切言及しませんでした。

 8  90歳「80に見える」がほめ言葉(作 吉武三和子 市民研究員)2020.1.21
     
先日92歳になりました。所属しているサークルの集まりに行くと、「お若く見えますね。80歳くらいに見えます」と言われ、そんなにうれしくもありません。

 7  雪がないこれも災害スキー場(作 松井真理子 代表)2020.1.15
     
大雪は家がつぶれたり死者が出たりする自然災害ですが、今年のように全く降らないと、スキー場や除雪業は仕事がなくて、これも災害になります。

 6  楽器ケース「入らないで」と注意書き(作 松井真理子 代表)2020.1.13
     
このネタは実話です。ヤマハ・ウインドストリームの公式Twitterが、「理由については触れませんが、大型の楽器ケースに人が入ることで(中略)不幸
       な事故が起きてからでは遅いですので、皆さんの周りではそのようなことをしない、させないように注意し合ってください」と注意を呼び掛けたそうです。


 5  危機去って「仲介」に行く安倍首相(作 松井真理子 代表)2020.1.11
     
安倍首相はアメリカとイランの「仲介役」を自任していますが、今回の深刻なトラブルに際して、何もできなかったばかりか、中東訪問を中止しようと
       しました。両国の対応で危機が避けられたこと、自衛隊を中東派遣させて自分は安全圏かという批判のため、「仲介」に出かけるようです。


 4  水・酸素・おむつも備える楽器箱(作 松井真理子 代表)2020.1.8
     
ゴーン氏は大きな楽器箱に入って逃亡したそうです。違法ではありますが、箱の中のゴーン氏はユーモラスで、他にも必要なものを想像しました。

 3  くだまきの作詞は筆がよくすべり(作 松井真理子 代表)2020.1.6
     
今年は金副代表の歌手デビュー。その2枚目のCDは市民活動関係の曲が予定されています。代表が作詞していますが、A面の「取り残さない
       だれ一人」という真面目なものより、B面の「くだまき音頭」の方が、するする言葉が出てきます。


 2 殺人をやったやったと星条旗(作 松井真理子 代表)2020.1.4
     
米国防総省は、大統領の命令によりイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害。その直後、トランプ氏はツイッターに星条旗の画像を投稿。
       まともな神経とは思えません。案の定、イランは「激しい報復」を宣言しています。


 1 15億捨てて自由へ逃避行(作 松井真理子 代表)2020.1.1
     
大晦日のゴーン氏の「I am now in Lebanon」は衝撃的でした。15億円の保釈金は、プライベートジェット機で移動する人には安すぎたようです。


過去の市民社会川柳
05年 06年 07年 08年 
09年 10年 11年 12年 
13年 14年 15年
16年
17年 18年 19年
2016年市民社会川柳ベスト10
2017年市民社会川柳ベスト10

2018年市民社会川柳ベスト10
2019年市民社会川柳ベスト10